BLOG


エーデルワイスという花をご存知ですか?


ヨーロッパアルプスなど、高地で見られる可愛らしい小さな高山植物です。

学校で習う歌にもなっているので、ご存知の方も多いでしょうか。


今月ご用意しているコーヒーは、アフリカ大陸の最高峰キリマンジャロがある「タンザニア」から、この花と同じ名前を冠したコーヒーです。


このコーヒーは、アフリカ大陸最高峰キリマンジャロの北部にあるオルディアニ地区にある「エーデルワイス農園」で作られています。

標高約1,700mの高地で、火山性の豊かな大地で降水量も多いのでとても上質なコーヒーが栽培されている地域です。


ちなみに、よく「キリマンジャロ」という名前のコーヒーを目にしたことがありますよね?

ですが正式には「キリマンジャロ」という名前のコーヒーというものは無いんです。


じつは

「タンザニア国内で栽培されたアラビカ種で、水洗処理されたコーヒー」は全てキリマンジャロとして名乗ることができることになっているんです。


なので、一言にキリマンジャロと言っても、色々な地域の農園で栽培されたものがあるので、その味なども色々なんですね。


で、

今回のエーデルワイス農園のエーデルワイス。

これも大きな括りで言えばキリマンジャロです。


キリマンジャロ=酸味のコーヒーというイメージが強いかもしれませんが、エーデルワイスの酸味は優しく柔らかいです。

飛び抜けて主張する個性ではなく、酸味とコクにほのかな苦味も加わって、上手く支え合った安定した落ち着きのあるコーヒーかなと思います。


素敵な名前、きれいな味のエーデルワイス。

ぜひお試しあれ。


ちなみにエーデルワイスの花言葉は

「大切な思い出」「勇気」


花言葉も素敵!


6月10日発売の愛媛Komachi MOOK「愛媛のカフェ」に

当店を掲載して頂きました~♪


愛媛県内の喫茶店やカフェがたくさん掲載されていて、カフェ好きには必見の一冊ですよ。

本を見たとき、とってもステキなお店ばかりが掲載されているので、なんだかちょっと焦りました…


とにかく!


本当におしゃれで素敵なお店がたくさん掲載されていますので、ぜひ「愛媛のカフェ」片手にお気に入りのお店を見つけてみてくださいね~♪

…ニカラグア…えーと、どこ?


もしかしたらそう思った人も結構多いんじゃないでしょうか?

正直私も場所はあまり知りませんでした(笑)


あまり馴染みの無い、そんなニカラグアですが、

中米にある国なんですね。メキシコとかがあるあのへん。

コーヒー関連だとグアテマラなどの有名な国が近くにありますね。

太平洋とカリブ海に面したとても自然豊かな国なんです。


エル・ボスケ農園はニカラグアの北中部にあるサンタ・マウラ大農園の中にある農園のうちの一つです。

大きな農園の中に農園があるんですね。

このサンタ・マウラ大農園は100年以上の歴史があり、広さもなんと1000ヘクタール以上。

そのうち半分ほどでコーヒー栽培を、残りは牧場などです。

多い時期には1,000人以上が栽培に携わり、住み込みの人たちもいるそうです。

すごいことに、住み込みの人たちのための病院や学校までもが農園のなかにあるんだとか!

これほど大きな農園の中に、およそ40ヘクタールほどの広さで区分けされた小規模農園がいくつもあります。

そのうちの一つが今回の「エル・ボスケ農園」。


標高はおよそ1350m、気温も20度前後でコーヒー栽培に適した環境に囲まれており、というか森に囲まれてる。

農園名の「エル・ボスケ」→「森、森林」という意味なのが納得。


エル・ボスケ農園ではブルボン種という在来種のコーヒーを栽培しているのですが、本当にジャングルの中にコーヒーが育ってるといった感じです。

日陰を作るために、他の植物に囲まれて育てられていることは他の生産地でもよくありますが、ニカラグアではバナナや柑橘類、カカオなど色々な植物の間でコーヒーが育てられています。

そのおかげで、コーヒーに豊かなアロマが加わっているのが特徴です。

色々な植物の影響を受けて、なんか複雑、ちょっと不思議。

酸っぱい?甘い?苦い?軽い?重い?

飲んでからちょっと考えてしまう…

そんなコーヒーです。


飲む人によって感じ方が結構違うんじゃないかなと思います。

でも個人的にはちょっとクセになる感じで気に入ってます♪



【イベント出店のご案内】

5月31日(木)に北条市民会館にて開催される

「nijihoshiマルシェ vol.3」に当店も出店します!

”手仕事雑貨とおいしいもの”をテーマに、手仕事雑貨とワークショップ、フードなど合計30ブースが集まります。

当店は、「ハッシュドビーフライス」と「懐かしのクリームソーダ4種」をご用意する予定です♪

ぜひご来店下さいね~!!


喫茶店の超定番ドリンクといえば「クリームソーダ」。

ってことで作りました~♪しかも7種類も~!!


ALL¥650!!


【メロン】

クリームソーダの定番中の定番!見慣れたエメラルドグリーンと安定の美味しさ♪


【ブルーキュラソー】

シトラスの風味が爽やかな鮮やかオーシャンブルー。


【ブラッドオレンジ】

甘みと苦みの調和が絶妙♪魅力的なブラッドレッド!


【ラズベリー】

ベリーの中でも人気のラズベリー。甘酸っぱくキレイなルビーレッド。


【チェリー&ライム】

マラスキーノ酒に漬け込んだ芳醇なチェリーとクリアなライムが相性ぴったり!

鮮やかオレンジレッド♪


【マンゴー】

まぶしいゴールデンイエロー。ジューシーでトロピカルな香り♪


【モヒートミント】

見た目は澄んだきれいな色ですが、ライムとミントが効いたクラシックモヒートです。


ノスタルジックな雰囲気のあるクリームソーダに、新感覚のフレーバーが面白いですよ~♪

ぜひお試しあれ~





毎日のランチメニューに新しく

【ハッシュドビーフライス】が増えました~!


じっくり炒めた玉ねぎとしめじと牛肉を、赤ワインと特製デミグラスソースでコトコトじっくり煮込んで、濃厚でコクのある味わいに仕上げました。


ハッシュドビーフライスは、定番ランチメニューとしてご用意しています。


●定番ランチメニュー● ¥980

・ハッシュドビーフライス

・デミオムライス


●日替わりランチメニュー● ¥980

・特製トマトソースのグリルチキン

・ハニーマスタードチキン

・鶏のみぞれ煮

・鶏ときのこの甘辛ソース




【店舗前道路工事のご案内】


4月19日に店舗前道路にて工事が行われます。

それに伴い、道路側(小学校側)の駐車場が1台分利用出来なくなります。

お車でご来店の際はご注意ください。

ご不便をお掛け致しますが何卒宜しくお願い致します。

日本のほぼ南、赤道よりも少し南に位置するパプアニューギニア。


ニューギニア島とその周辺のたくさんの島々からなる島国です。


コーヒーの産地としての歴史はまだまだ浅く、1930年代にジャマイカのブルーマウンテンの苗木が持ち込まれたことをきっかけにコーヒー栽培が始まったとされています。


暑いイメージのある国ですが、国内の大部分を占める標高の高い山岳地帯は平均気温が18℃ほど。

まだまだ生産量は少ない国ですが、年間を通した気候がコーヒー栽培に適しているため、山岳地帯を中心に高品質のコーヒーが生産されています。


さてさて、そんなパプアニューギニアから、今回は「マウントハーゲン」というコーヒー。

名前の「マウントハーゲン」とは、ニューギニア島の西ハイランド州の州都の名前であり、街の近くにある火山の名前でもあるんです。


標高が高く、木々に囲まれた自然豊かな場所で育てられているマウントハーゲンのコーヒー。


まず見てもらいたいのは豆そのもの。

形がとってもきれいなんです。


いびつな感じが無く、きれいに整った形と少し大きめで存在感がある、美人さんな豆ですね♪


では味はどうでしょう?


やさしくなめらかな酸味と香りがふわぁ~っと流れて、スッキリ澄んでいてクセが無いマイルドな感じ。


味もやっぱり美人さん♪



そんなマウントハーゲンのコーヒー。


4月の限定コーヒーですからお早めに♪





【マチボンfor kids vol.2】に掲載されました~!


3月25日に発売の「マチボンfor kids vol.2」に当店が掲載されました♪

いや~ありがたい話です☆


ご存知の方も多いと思いますが、マチボンは愛媛の色々な飲食店などが紹介されている本です。

今回の「マチボンfor kids vol.2」は、for kids。

つまりお子様連れでお出掛けするのにおススメな飲食店やスポットがたくさん紹介されているんですね~♪


しかし載っている他のお店さんは、本当に立派なお店ばかり!

ウチなんかが載ってていいのかコレ?って思ってしまいました(笑)

まぁともかく、載せて頂いて本当にありがとうございます~!!

みなさんもぜひご来店下さいね~!!


HOME   DRINK   LUNCH   SWEETS   BLOG   ABOUT SHOP