期間限定コーヒー「エルサルバドル 温泉珈琲」

エルサルバドルはコーヒーの産地としても結構有名な国です。


そこからちょっと変わり種のコーヒーをご紹介。


「温泉珈琲」



温泉卵みたいな、温泉地の名物になっているコーヒー。


・・・ではないです。



お湯の代わりに温泉を使って淹れているコーヒー。


・・・でもないです。



じつはこれ、


温泉に入ってきた珈琲です。



・・・ほんとです。


お風呂といっても、どちらかというと水風呂ですね。



コーヒー豆というものは、コーヒーの実(コーヒーチェリー)の中にある種だということは、ご存知の方も多いと思います。

コーヒーチェリーから種を取り出し精製する方法というのは数多く存在します。

精製する工程の中に、水に浸して洗う「水洗工程」というものがあるのですが、普通はただの水を使っています。

今回の温泉珈琲は、ぬるいくらいの35度程度まで冷ました温泉水を使っているんですね。


じつはエルサルバドル、四国ほどの面積しかない国なのですが、20以上も火山がある火山大国でもあります。

そのため、天然温泉や間欠泉がたくさんあり、そのお湯を引っ張ってきてコーヒー豆の精製に使うという、地域の特徴をうまく活用した方法といった感じです。



ではなぜ温泉水を使うのでしょうか?


ご存知の通り温泉水には豊富なミネラル成分が含まれています。

その中の「臭化カリウム」という成分の働きによって豆にほのかな甘みが生まれ、全体的に角の取れたまろやかな味わいになってくれるんです。

苦味も酸味も甘みも、ゆったりと流れていく。

そんなコーヒーです♪



人って、温泉に入ると

心も体もゆったり癒されたり、

嫌なこととか全部忘れてスッキリしたりしますよね。

ほわぁ~んってなっちゃいますよね?


これ、

コーヒー豆も同じなんですね~(笑)


頭の中で

温泉に入ってほわぁ~んってなってるコーヒー豆を想像しながら飲んでみてください♪


コーヒー豆もたぶんこんな顔して入ってるはず!

松山市北条の小さなCafe 風とことり ~ ホッと一息、羽休め ~

愛媛県松山市北条にある、17席の小さな町カフェです。 一杯ずつ丁寧に淹れるコーヒーたちと、自家製ケーキやランチをご用意しています。 ホッと一息、羽休めにお立ち寄りくださいね♪

0コメント

  • 1000 / 1000